低身長をカバーするダンス衣装!脚長効果抜群でスタイルよく見えるアイテム3選

「身長が低くてダンス衣装が似合わない・・・」

「もっと身長が高かったら、ダンス衣装もかっこ良く見えるのに・・・」

というダンサーは少なくありません。

ダンス時もプライベートもスタイルよく見せたいですよね。

今回は、低身長をカバーするためのダンス衣装の選び方やおすすめアイテムをご紹介します。

目次

低身長をカバーするダンス衣装の選び方

低身長をカバーするためのダンス衣装のポイントはこちらです。

  • 腰の位置が高いボトムスを選ぶ
  • 丈が短いトップスを選ぶ
  • スリムなボトムスを選ぶ

腰位置を高くしたり、シルエットをきれいに見せたりすることで脚長効果が期待できるので、身長プラス5cmに見せることも夢ではありません。

ストリートファッションやヒップホップ系、B系ファッションは基本的にダボっとしたテイストが多いですが、どこか一点引き締めることで低身長でもダンス衣装がスマートに見えます。

低身長をカバーするおすすめのダンス衣装アイテムをご紹介していきます。

腰の位置が高いボトムスを選ぶ

腰の位置が高いボトム=ハイウエストボトムですが、腰位置が高くなると足が長く見えます。チューブトップやベアトップと合わせると、ヒップホップ系のダボっとしたボトムスもバランス良く見えます。

腰の位置が高いボトムスはこちら
あわせて読みたい

丈が短いトップスを選ぶ

丈が短いトップスは上半身がコンパクトにおさまり、ウエスト位置が高く見えるので、脚長効果が期待できます。視線を上に集めてスタイルUPを狙いましょう。

丈が短いトップスはこちら
あわせて読みたい

スリムなボトムスを選ぶ

スリムなボトムスは、足のラインを美しく見せてくれます。

ダボっとしたヒップホップ系のTシャツやコンパクトなトップスにも合い、オールマイティーに使えるのがメリットです。

スリムなボトムスはこちら
あわせて読みたい

低身長さんでもかっこよく着られるダンス衣装がある

低身長だから・・・と悩まずに、ダンス衣装でいくらでもカバーして、いくらでもスタイリッシュに見せることができます。

体のラインを思いっきり見せたり、上半身に目線を持ってくるようにしたり、脚長効果が期待できるボトムスを意識的に選ぶことで、きっと不安は解消されるはず!ダンス衣装でパフォーマンス力を上げていきましょう!

\新規会員登録で500P貰える!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる