ダンスが上手く見える体型ってある?自分のコンプレックスをカバーする方法も紹介!

「自分の体型に自信が持てない」や「スタイルはいい方ではあるもののダンスを踊ると変に見える」など、体型についての悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで以下では、ダンスが上手く見える体型はあるのかについて解説します。

体型のコンプレックスをカバーする方法についても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

ダンスが上手い人は自分の体型を熟知している!

人によって体型はさまざまで、ダンスが上手く見える体型は存在しません。

ダンスが上手に見えるかどうかは体型そのものの問題ではなく、自分の体型を知っているかどうかが大きなポイントとなります。

実際に、ダンスが上手な人は自分が一番魅力的に見える角度や身体の動かし方を熟知しています。

「小柄だから…」「ぽっちゃりだから…」などと悲観的にならず、自分の体型を生かせる踊り方を見つけましょう。

体型に自信のない人はファッションでカバーしよう!

ダンスの見え方は、着るものによっても変わります。

以下では、コンプレックスごとのおすすめの服装を紹介します。

小柄な女性におすすめの服装|ロングパーカー×ショート丈パンツ

小柄な女性には、ロングパーカー×ショート丈パンツがおすすめです。

ウエストラインにベルトを巻くことでスタイルアップにつながります。

高身長の女性におすすめの服装|ショート丈×ハイウエストパンツ

高身長の女性は、へそ出しのショート丈のトップスにハイウエストパンツを合わせるのがおすすめです。

ハイウエストを選ぶことで足が長く見え、スタイルアップにつながります。

ぽっちゃり体型の女性におすすめの服装|ロングパーカー×レギンス

ぽっちゃり体型の女性には、お尻や太ももあたりが隠れるロングパーカーにレギンスを合わせるのがおすすめです。

あえてぴったりめのレギンスを選ぶことでメリハリができ、きれいなシルエットになります。

細身の女性におすすめの服装|ゆったりトップス×ゆったりパンツ

ラインが細くいまいちダンスに迫力が出ないと悩んでいる方には、ゆったりトップス×ゆったりパンツがおすすめです。

シルエットが大きくなり、踊りが力強く見えます。

ダンスを上手く見せるには自分を客観的に見ることが大切!

ダンスを上手に見せるためには、自分を客観的に見て、自分だけの魅力を見つけることが大切です。

身に付けるものにもこだわり、普段の生活から華のあるダンサーを目指しましょう。


今なら新規会員登録で1,000Pプレゼント中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる